ダイレクトメールは、商品やサービスの紹介をすることで、関心を持ってもらったり、購買意欲をそそるためのもので、ハガキや封書、電子メールが主なものとなっています。現代ではインターネット広告が大きな宣伝効果を生んでいますが、詳細を閲覧してくれるのは、サービスに関心のある人にとどまります。その点、自宅に届けられるダイレクトメールは、サービスの内容に目を通してもらいやすく、印象にも残りやすくなるというメリットがあります。また、受け取った人だけではなく、家族を含める複数の人に宣伝効果を促せる可能性があるというメリットがあります。ただ、郵送するダイレクトメールには、郵送費用や、印刷費用等のコストがかかるというデメリットがあるので、利益を生み出せるように工夫をすることが必要になります。

電子と郵送のダイレクトメールを上手に使い分けましょう

郵送するダイレクトメールには、印刷費や郵送料だけでなく、封筒に折り込んで封入する作業など、膨大な時間と労力が必要になります。このようなコストを削減できるのは、電子メールです。メッセージ内容や宛先を印刷する手間がかからず、レイアウトも、紙のダイレクトメール程、凝ったものを作製する必要がありません。しかも、電子メールには、詳しい情報をURLで添えることができるので、短いメッセージの中にも、たくさんの情報を詰め込むことができます。ただし、電子メールのアドレス情報は、インターネットで接触のあった人やアンケート等でアドレス情報を記入してくれた人に限られます。アドレス情報を得ている人とのつながりを継続できるように、関心を向けてもらえるメッセージとサービスを提供していくことが望まれます。

レスポンスを増加させるダイレクトメール

電子メールに比べ、コストのかかる郵送のダイレクトメールは、レスポンスが増加していくように工夫して発送していきたいものです。例えば、相手の年齢や性別やニーズに応じて、メッセージの内容を変えて作成することも、レスポンスの増加につながります。お得に感じるように、クーポンなどを封入するのも、よく行われている方法です。送るタイミングも、考慮するとよいです。サービスや商品の購入などで接触のあった後すぐにメッセージを送るのも、印象に残りますが、しばらくおいて、再度近況伺いのようなメッセージを送るのも、好感が得られやすいです。誕生日等の記念日も、メッセージを送るタイミングとしてよいチャンスになります。お友達を紹介すると双方に特典があるようなサービスを盛り込むのも、ニーズに合う人を、増やしていくのに絶好の方法です。