ダイレクトメールは様々なところで活用されています。しかし、初めてダイレクトメールを活用としている方には、どのように導入していけばいいのか、わからないですね。そこで、ダイレクトメールとはどんなものなのか、うまく活用できるための方法と、導入方法について書き記していきます。そもそも、ダイレクトメールとはどういったものなのか、分かっていないと活用できません。簡単に言うと、個人、法人あてに直接送られてくる商品の案内やカタログのことを指します。新規でお客様を獲得するため、リピーターを増やしたいなど、様々なところで使われています。チラシと変わらないと思いがちですが、チラシでは紹介できない部分をダイレクトメールで詳細に乗せることが出来るのですが、コストはチラシよりも作成コストが高いので気をつけましょう。

ダイレクトメールを使うときのメリットとデメリット

ダイレクトメールを活用したいけれど、利点があれば欠点もあります。まずは、メリットについてあげていきます。まず一つとして挙げられるのは、前述にもありますが伝える情報量が増やせるというところです。商品販売を目的としたものなら小冊子などにして送ることが出来るので、扱いやすいといえます。また、デザインなども好きに決めることが出来ます。工夫次第では顧客からの反応が良くなることもあります。では、デメリットについても知っておきましょう。まずは、コストが高いという事。発送料に加え折り込み広告とは違ってデザインにこだわることが出来るため比較的コストは高くなってしまいます。また、ダイレクトメールの場合は、名前や住所がわからないと送ることが出来ないので情報を習得しなければなりません。

ダイレクトメールをうまく活用するためのコツ

通販会社などであれば個人情報は自然とたまっていくのですが、来店型の場合、顧客の情報が必要になるので、メンバーズカードやポイントカードなどを作って、リストを作成しておきましょう。リストがある程度貯まったらリストをセグメントしていきましょう。購入頻度や、年齢性別などで分けるところもあります。また、ダイレクトメールに記載する特典や内容などを変更することも可能です。例えば、一度来店している方と何度も足を運んでいる人に同じクーポンを送ったとしても、一度しか来ない人にはお得と思われますが、何度も通っているひとからみれば、これだけしかないと思われてしまうこともあります。少しでも集客できるような特典であったり、アピールをしていくのかによって変わってきます。また、ダイレクトメールを代行してくださるところもあります。導入を検討するときには、何社か相見積もりを取ってコストに合ったところで導入しても良いでしょう。