企業が顧客向けに送付するダイレクトメールには、効果的に活用する方法がさまざまあります。まず、商品を購入してくれた新規顧客向けに、サンキューダイレクトメールを送付することで2回目以降の購入率が格段にアップすると言われています。ありがとうの感謝の気持ちを込めて、商品イメージに合ったデザインのダイレクトメールを送付することでリピート率を上げることができるのです。また、子育て世代向けにおすすめなのが、オリジナルのイラストが描かれているパラパラ漫画をOPP封筒で送付することで、ダイレクトメールを開封するという結果に繋げることができます。子どもが興味を持つ内容のダイレクトメールを送ることが大切なポイントです。このように目的や世代、家族構成別にダイレクトメールを活用すると、より有効的に活用することができます。

売上アップにつながるダイレクトメールのメリット

新規顧客の獲得や、商品やサービスの案内をすることでリピート率を上げるなど、さまざまな効果を期待してダイレクトメールを送付する企業は多いです。ダイレクトメールを送付するメリットとして、顧客リストを活用することで、新規や既存客だけでなく、長い間購入履歴がない顧客向けにも送付することが可能です。その際、1年以上購入がないお客様向けや新規顧客向けなど、送付する顧客に合わせて内容を変更することでより効果的に使うことができます。次に、ダイレクトメールは自由に情報を伝えることができるため、新商品など伝えたい情報が沢山ある場合は冊子タイプやカタログタイプなどにして送付することができます。郵送物に厚みがあることで受取人の興味を引くことができるので、開封率がアップするという効果もあります。

ダイレクトメールのデメリットを紹介

メリットの多いダイレクトメールですが、次のようなデメリットもあります。まず、発送費や製作費など他の宣伝方法と比較するとコストが掛かる傾向にあります。しかし、大量の郵便物を送付すると、郵便局から割引が適用される可能性があるので活用することをおすすめします。また、ダイレクトメールの最大の問題は、いかにして開封率を上げるかです。中を見ないまま捨てられてしまうことも多いため、企業はさまざまな知恵を絞ってダイレクトメールの作製を行っています。ダイレクトメールの作製は、企画から立案、デザインや発送と、送付するまでに多くの労力が必要となります。さらに顧客からの反響が高く、クオリティの高いダイレクトメールを作るには更なる労力とコストが掛かります。しかし、手間を惜しまず作られたダイレクトメールは、売上アップに繋がる重要なツールとなります。